Heart Support Project 2018

ケニアのキベラスラムの女性へ生理用品を届けるハートサポート2018にて、現地ナイロビで撮影をしました。

スラムでの撮影にビビっていましたが、そこに住み人はみんなとても親切で前向きに生きていて、偏見を持っていた自分が恥ずかしくなりました。

SNSで「1いいね!」で1つの生理用品が現地に届けられる試みでしたが、上限の100万はたった1週間ほどで達し、再設定された200万も2週目で終了しました。

View this post on Instagram

国際ガールズデーの今日、スラムの女性に生理用品を届けるハートサポート2018が始まりました! #ハートサポート2018 が付いた投稿のいいね!の数だけケニアのキベラスラムに生理用品が大王製紙より送られます。 投稿はハッシュダグさえ付ければ、可愛いワンちゃんでもランチに食べたボロネーゼでもなんでもオッケーですので、皆様どうかご支援くださいませ。 . . . ロケをしたキベラスラムでは学校を訪れて子供たちとワッキャワッキャしたり、実際に生徒のお宅にお邪魔して4畳半にどうやって10人寝てるのか見せてもらったり、産婦人科に行ってノリで僕がエイズ検査してみたりと色々な経験をさせて頂きました。 僕みたいな独身のオッサンが生理用品のことを話すのも若干タブーな気もしますが、女の子たちから語られることは耳を塞ぎたくなることばかりで、水や食料と同じくらい生理用品も大切なことがよくわかりました。 生理用品欲しさに中学生が売春をするとか、日本ではもちろん、他の国でも聞いたことないことがここでは普通になっていて、その結果、産婦人科では9歳で出産なんてことまで語られました。 それもこれも生理用品があればかなり解決できることで、今回のキャンペーンでたくさんの生理用品が女の子たちに渡ることを僕は臨んでいます。目指せ100万個! . . . #kibera #kiberaslums #nairobi #kenya #africa #magososchool #gopro #goprohero6 #sonyalpha #glidecam #ケニア #ナイロビ #キベラスラム #マゴソスクール

A post shared by TSUNEHEY IKEYA (@tsunehey) on


PAGE TOP