Toggle

IKEYA.TV

IKEYA.TV

about TSUNEHEY IKEYA

池谷 常平 Tsunehey Ikeya
1981年東京都八王子生まれ。都立南平高校卒。
高校在学中にファッションショー企画し、校内で受賞。文化服装学院に進学を希望するも落選。その後、原宿某ショップにて働き始める。1年後、再度文化服装学院を受けるも落選し、進学を諦める。
2001年にNYのストリートカルチャーに憧れ、グラフィティを開始。2003年に単身ニューヨークへ。スケートやグラフィティ、買い付けのコーディネートなど、自由奔放な日々を過ごす。帰国後、ファッションライターとして活動開始。Safari(日の出出版)にて高城剛氏との連載「高城剛と夢で逢えたら」スタート。続けてHotDogPRESS(講談社)にて「ミーハーライター・ツネが行く パッション通信」「胃袋一週間」の連載で寄稿。COOLTRANS(ワニ ブックス)にて「A-BOY vs B-BOY」でA-BOY(秋葉ボーイ)という言葉を世に排出する。
2006年にハイパーメディアクリエイター・高城剛氏の情報発信型公式ファンサイト「高城イズム」を立ち上げる。
同年クリスマスにVJデビュー。2007年2月にJALマーシャル諸島の機内用PVをディレクション。2008年にはVJとしてウクライナで初の海外プレイ。
レディースストリートブランド「x-girl」20周年東京&神戸ランウェイオープニング映像を制作。
つくば市の移住者向けCMにて平成28年度茨城県広報コンクールの特選を受賞。
旅をテーマにしたYouTubeチャンネル「Qloudy」を開設し、日本人の視点から国内外の映像を独自に発信中。

現在は映像制作を主軸にブランディングや広告制作を手がける。

Return Top